「巡りゆく日々 サラ ムーン写真展」美しさの中にある不穏さ

サラムーン写真展

CHANEL NEXUS HALLで開催中の「巡りゆく日々 サラ ムーン写真展」。

サラムーンはフランスを代表する写真家。元々モデルとして活動を始め、70年代には広告やファッションの分野で写真家としてのキャリアをスタートし、シャネルの仕事にも携わったそう。

私が彼女を知ったのは、今回の展示のリリースを見たことがきっかけ。なんだか物哀しい雰囲気や、切り取られた一瞬から受ける永遠に時が止まったかのような感覚に心を奪われました。

サラムーン写真展

写真の印象から、会場は薄暗いのかなと思ったのですが、訪れて見ると真っ白な空間。その対比からか、なんだか白昼夢を見ているかのような感覚に陥る。

サラムーン写真展

女性や工場地帯、動物、自然……。どれも美しく、でもその中にある不穏さは見ていて癖になる。

巡りゆく日々 サラ ムーン写真展

会期2018年4月4日(水)〜5月4日(金)
会場CHANEL NEXUS HALL
住所東京都中央区銀座3-5-3シャネル銀座ビルディング4F
アクセス東京メトロ「銀座駅」A13出口から徒歩1分、「 銀座一丁目駅」 8番出口からすぐ
電話番号
開館時間12時〜19時
休館日
料金無料

Comments are closed.