【広島】ひろしま美術館で「佐々木マキ見本帖」

ひろしま美術館

ひろしま美術館で開催中の「佐々木マキ見本帖」を見てきました。

佐々木マキさんは、マンガ雑誌『ガロ』でマンガ家としてデビュー。その後、絵本や挿絵を描くなど、活動の幅を広げてきました。

展覧会は約45年間の創作活動を振り返るもので、佐々木マキさんの初の展覧会。マンガや絵本の原画のほか、挿絵や装丁画、版画、写真、陶製フィギュアなど、約180点を展示しています。

羊男

私が佐々木マキさんのイラストを知ったきっかけは、村上春樹の羊男。少しとぼけた感じのポップなかわいさがずっと印象に残っていました。今回の展覧会で初めて、マンガや絵本も描かれていたことを知りました。

構成は、大きく3つ。「マンガ」「絵本」「イラスト」のパートで佐々木さんの作品が紹介されています。

マンガのパートの説明で、印象に残った言葉がありました。それは、「ジャズのアドリブのようなマンガ」を考えていたということ。詩の中で言葉と言葉が響き合うように、マンガの中でコマとコマが響き合うようなマンガが描けないかと考えていたそうです。その言葉通りか、原画を見ていくと正直どういうストーリーなのかはよくわからないのですが、スピードやリズムがあって、作者の意図することが感覚で伝わるような気がしました。

おおかみ

絵本では、代表作の『やっぱりおおかみ』が一番心に残りました。仲間のいないおおかみがほかの仲間のいる動物をうらやましがりつつも、自分は自分と最後には行き着く。わたしたち一人ひとりにいえることだよなぁと作品を見ながらぼんやりと考えてしまいました。

Comments are closed.