藤城清治「光と影の楽園展」銀座教文館

光と陰の楽園展
銀座の教文館で開催中の藤城清治さんの展覧会にようやく行くことができました。

藤城清治さんは今年で93歳。毎年教文館で展覧会を開いていて、今なお新作を生み出しています。今回は80点あまりの作品を展示し、そのうち約20点が新作です。

会場内の作品は、藤城さんの意向で作品の展示はシャッター音に気をつければOK。自分の好きな作品を記録に残すことができます。

光と陰の楽園展
色鮮やかな影絵の世界が広がります。

光と陰の楽園展
2013年からはプロジェクションマッピングの作品にも取り組んでいて、今年の新作「ケロヨンとモグちゃんのデート」にもその技術が使われています。

光と陰の楽園展
こちらもプロジェクションマッピングの作品で「こわれ橋」。最初は生物がいない状態から始まり、次第にカニやカメが出てきて、うさぎがぴょーんと登場。そして橋を叩き割ってしまい、カニやカメがワニに食べられてしまうという……。

光と影の楽園展椅子に座って作品に囲まれる贅沢な時間を過ごすことも。

光と影の楽園展
かわいらしい作品が多くありますが、阿修羅王や原爆ドーム、お寺などを題材にした作品もあります。

 

光と影の楽園展

2017年の作品の「93匹の猫と共に」。途中まで数えて諦めました(苦笑)。

平日の夜に訪れたところ、人も少なくゆっくりと影絵の美しく幻想的な世界に浸ることができました。

会期は10/12(木)まで。今週末10/7(土)にはサイン会もあります。

光と影の楽園展

会期2017年7月7日〜10月12日
会場教文館
住所東京都中央区銀座4-5-1
アクセス東京メトロ銀座線・日比谷線「銀座駅」A9よりすぐ
電話番号03-3561-8446
開館時間10:30〜19:00 ※入館は閉館30分前まで
休館日
料金一般1200円、中学生以下800円

Comments are closed.